安いインターネットサービスを利用する|破格の価格で充実通信ライフ

案内

リースで利用する

ビジネスホンの導入費用を抑える方法

電話

ビジネスホンを利用するためには本体を手に入れる必要があります。しかし本体の取引価格は高額です。そしてビジネスホンを導入する企業は、複数の社員が働いている場合がほとんどです。社員の人数に合わせた台数を用意する事を考慮すると、導入に必要な投資額が大きくなるケースが少なくありません。 もしも導入費用に不安があるのなら、リース契約を活用すべきです。リース契約を業者と締結すると、ビジネスホンを安価で借りる事ができます。継続的にレンタル料金を徴収できるので、レンタルを行う業者が高い利用料金をユーザーに課さないからです。ただしレンタル契約であるため、利用を続ける限り支払いを続ける必要があります。借りる台数が多いほどリース契約の値段は上昇するのです。

ビジネスフォンの相場について

毎月の支払いを回避したいのであれば、ビジネスホンを購入する事を視野に入れるべきとも言えます。しかしビジネスホンの販売価格が10万円を超える事は珍しくありません。10人の社員が在籍している企業であれば、100万円をあっさり超えてしまいます。100人が働いている企業であれば1000万円です。一般的な中小企業の財務状況を考慮すれば、その価格は決して安いものではありません。 それに対してビジネスホンのリース契約を利用する場合は、1台の電話をレンタルしても数千円で済みます。購入と比較すれば10分の1以下の価格です。企業が存続する限りビジネスホンは必要になります。しかし一時的に導入費用を抑えられるだけでも、リース契約は有用なサービスです。